ママと男の子
恥ずかしがらずに
ちゃんと学んでほしい
Concept
「おちんちんの皮は親がむいてあげるべきでしょうか」
「そもそも、『包茎』ってなんですか」
「おちんちんをよく触るのですが、どうしたらいいでしょうか」

ただでさえ、迷ったり悩んだりすることも多い子育て。

その中でも、性器や性にまつわるテーマは、「気になっているけど聞きにくい」「誰に相談していいか分からない」 という方も少なくありません。
子どもが異性であれば尚のこと。

「同性の親に任せてしまえばいいんじゃない?」 「親がかかわらなくても自然に何とかなるんじゃない?」

いえいえ。 たとえわが子が異性であっても、正しい性器や性に関する知識、 またその伝え方を知っておくことは、子育てをする上でとっても大切です。

性器の構造やケアの方法に関するお話から、 「プライベートゾーン」「ジェンダー」のお話まで、 「子育てと性」全般に関する内容をお伝えします。

「病院に行くのは少しハードルが高いけど、性器や性について正確な情報を知りたい」
「子育てと性について気になること・モヤモヤしていることがある」
「専門家と直接話したい」
「同じ悩みを持つ人と交流したい」

そんな皆さんのニーズに応える講座です。
保護者の方が「子育て×性」に前向きに、楽しく取り組むことで、 子どもも、大人も、そして社会全体もHappyになると信じています。
自己紹介
みなさんはじめまして。
「ママのためのおちんちん講座」
のページに来ていただいてありがとうございます。

私は泌尿器科医として働きながら、3歳の男の子の育児をしています。
自身の出産&子育てをきっかけに、泌尿器科の中でも特に「性器」「生殖」に関する領域に興味を持つようになりました。
そして、たくさんのママから「子育てとおちんちん」に関する悩みを聞くうちに、 「みんなすごく知りたがっているのに、学ぶ場所がない」ことを実感。

ミニ講座を開いて私が泌尿器科医として働く中で得た、知識や情報、考え方についてお伝えすると、
「男の子の性器の仕組みを知ることができてとても楽しかった」
「気持ちが楽になった」
「息子の行動(おちんちんをよく触る等)への見方が変わった」
など、想像以上にポジティブな反響がありました。

今の日本では「性」に関する言葉や話題には、「口にするべきではない」「恥ずかしいこと」という過剰なタブー感が、まだまだつきまとっています。

「おちんちん講座」という名前には、性器や性をタブー視せず、積極的にオープンに学んでもらえる講座にしたいという願いを込めました。
また、私が一方的に知識や情報を伝えるだけではなく、参加者の方から困りごとや体験談、意見をシェアしてもらう時間も大切にしています。

そのことによって、私も講座の度に新たな視点・気づきを得ることができます。
「おちんちん講座」を続けているのは、何より私自身が「楽しい」と感じるからなのかもしれません。
みなさんと講座でお会いできるのを楽しみにしています。
講座内容
お申し込み
みなさまの声
ブログ
活動報告
お問い合わせ
BLOG
情報発信
2022.06.13

  もう、内容に負けず劣らず自慢の表紙です!   はるな檸檬さんの漫画に、   ヨシタケシンスケさんの帯!!!!     ヨシタケさんは、 私の原稿を読んだ上で、帯を引き […]

続きを読む…

2022.06.12

    あぁ、この人とは、子どもがいなかったとしても仲よくなっていただろうな。   と思えるような、素敵な出会いに、 幸せを感じます。     あと、話していて楽しい「パ […]

続きを読む…

2022.06.09

  「世界公正仮説」 ってご存じですか?   wikipediaを見てみると、   公正世界仮説(こうせいせかいかせつ、just-world hypothesis)とは、 人間の行いに対して […]

続きを読む…

2022.06.08

  先週から乳児の娘が、なぜか保育園にいる時だけ下痢が出るという症状が続いていました。   自宅では良いウンチ💩が出ているのに、 保育園に行って2時間後くらいに 「水様便が出ています・・・」 と毎日の […]

続きを読む…